×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ノーローンで手数料を浮かす

ノーローンで一週間以内に返済している人は私の周りにも実際にいますね。例えば、週末の夜にATMでお金を下ろすと時間外の手数料が出てしまうのですが、ノーローンのキャッシング機はいつ借りたとしても手数料はかからないのです。

一週間以内にノーローンに返済すれば、全く手数料がかかることなく結構手数料が浮くんですよね。おそらく、ノーローン側としてはこのように利用者を増やすことでずるずると借りてしまう人を増やすことでこのような仕組みを成り立たせているのでしょうね。

ノーローンの大車輪で安くキャッシング

ノーローンのキャッシングはうまく使うことによって金利が一番安い消費者金融になります。なぜなら、ノーローンは完済の翌日から何度でも1週間無利息という仕組みをとっているからです。ノーローンを利用する方法としては、まずはノーローンから無金利で一週間借り入れをして、8日目に他の消費者金融からノーローンに返済する分を除いた金額を借り入れてノーローンに返済をします。

そして、翌日からまたノーローンに借り入れて他の消費者金融に返済をします。そこからまたノーローンは一週間無金利で借りることができるので、このキャッシングを繰り返すことによってかなり安く借りることができるのです。例えば、20万円をこの方法で借り入れるとすると振込みと返済のみで1200円しか金利はかからないのです。一般的なノーローン以外の消費者金融が18%だとすると、3000円ですからかなり安くかりることができるとわかりますね。

ただ、このキャッシング方法はかなりめんどくさいので、興味を持った方や金額が大きい方はこの大車輪を利用されるといいでしょう。

ノーローンの審査について

ノーローンのキャッシングの審査はまずは勤続年数や収入などの個人の基本的な情報を自動で判定します。そして、自動で結果が通ったらノーローンの本人の申し込みで信用情報の審査や在籍確認を行い、OKを出すことによりとりあえずの審査は完了します。ちなみに、ここではノーローンは主に過去の消費者金融の利用状況の個人信用情報機関の情報を参照しています。

ここまではノーローンに限らず大抵の消費者金融は同じなのではないでしょうかね。そして、ここからはローン会社の借り入れの金額によって変わってきます。ノーローンの場合はATMに免許証を持参して、キャッシングカードを発行してもらえますね。ノーローンのキャッシング審査は簡単に通るといっている人がたまにいるのですが、どこの消費者金融も審査の基準は同じものだと思っていいでしょう。

まあ、ノーローンを利用しようと思っている方は一週間の金利が無料ということでATMで手数料をかけるよりはいいということで造っていらっしゃる方も多いと思いますし、大抵の方は審査に通るでしょうね。